Top >  FX取引で使う資金

FX取引で使う資金

百万円で取引する場合、必要なレバレッジは
1倍から選ぶ事が可能です。


当然ですが、レバレッジを低く設定すれば、少しの値幅で
証拠金の維持率による強制ロスカットに会う確率も低くなり、
設定するリスクの範囲に自由度が生まれます。


ちょっと分かりやすくすると、
1万円でも百万円でも取引しないといけない最低単位は一緒で、
1万円で百万円の取引する方が百万円で百万円を取引するより
難易度が高いって事です。


最低取引額が百万円とすると、
百万円の取引額に対して利益が1万円なら、
1万円の資金の場合は倍額の利益、つまり200%。


100万円の資金の場合は1%の利益と言う事です。
同じ1万円を得るにしても大きく意味が違います。

FX取引するうえでの資産管理

関連エントリー

・FX取引で使う資金
・FX業者の資産管理は?
・リスク管理投資法
・FX取引のロスカット